京都市中京区のラーメン店「新福菜館」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 中京区 ラーメン店 > 新福菜館

番外編(京都)のラーメン店


新福菜館

(通称:たかばし)
新福菜館(たかばし) 店舗外観

総合評価評価6
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:醤油 その他

お店のデータ

店舗 系統 ホームページ
本店、府立医大前店、三条店、河原町店、天神川店、東土川店、百万遍店
醍醐店、名古屋店(愛知県)、モザイクモール港北店(神奈川県)
- http://www.shinpuku.net/
実食済店舗 住所 営業時間 定休日 接客 席数 その他
本店 京都府京都市下京区東塩小路向畑町569 7:30〜10:00 水曜日 - カウンター3席
テーブル4人×6卓
2F席詳細不明
-
三条店 京都府京都市中京区三条通堀川東入ル
橋東詰町10番地
11:00〜20:00 水曜日 - カウンター15席ほど
テーブル(詳細未確認)
-

店舗:堀川三条店
来店日:2012年10月21日
中華そば

今回の評価:星星星星星星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:中華そば + 小焼きめし

ラーメンデータ

中華そば(並) +小焼きめし  900円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
醤油 中太麺 普通

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 久しぶりの三条堀川店。それほどラーメンって気分でもなかったがせっかくの機会なので来店。自分が知っているころの新福菜舘は、初代も二代目も夫婦経営だったが、来店した際は外国人労働者っぽい男性がラーメンを作っていた。時代の流れを感じてしまいちょっと寂しい。
    前回本店で食べ損ねたチャーハンのセットで注文。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 基本的な味は変わっていないと思うが、気分的な問題なのか少し味が落ちた気もする。写真で見比べても豚バラチャーシューの脂身部分が少なくなっているような気が・・・。秋田で『末廣ラーメン本舗』など最近新福系を食べる機会も多くなってきたので、若干味に慣れてきただけかもしれないけど。まあそれでも普通においしいですが。
    新福菜舘のチャーハンは、通販商品もあるぐらい有名。スープに使っているタレをチャーハンに絡ませているため色が黒いことから、通称黒チャーハンと呼ばれている。確かに醤油の風味による香ばしい味がするチャーハン。餃子などと一緒に食べたりするにはおいしいと思うが、同じタレを使ったラーメンと一緒に食べるには微妙。同じ味同士だし。新福菜舘のラーメンは白いご飯の方が絶対合う。
  • 【 評価まとめ 】

  • 気分的な問題かもしれないが、評価は少し低めにした。今度はやっぱり白いご飯と一緒に頼も。

    up

店舗:本店
来店日:2011年8月14日
中華そば(並)

今回の評価:星星星星星星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:中華そば(並) + ライス(小)

ラーメンデータ

中華そば(並) 690円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
醤油 中太麺 普通

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 1週間の大阪出張終了して、東京に帰る最終日。関西着て一杯もラーメン食ってない事に気付く。焦って色々調べたけど、時間もないしお盆期間で休んでいるお店も多いので、消去法で本店は未食だった『新幅菜舘』を食べることに。
    京都駅に新幹線の時間より少し早めに向かい、お店の前に到着。隣の『第一旭』の方がWaiting(待ち)が多いですね。まあ、時間もないので行列できてなくて好都合ですが。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 堀川三条店より本店の方が味はドギツイと小耳に挟んだ記憶がある。でも基本的には一緒かな。下の記事にも書いたが河原町店だけは例外だけど。
    昨今は魚介系主体のラーメン業界において、魚介系を用いず濃口の醤油だけで濃厚を演出しているスタイルに新鮮味を感じる。それでいて決して醤油臭さを感じさせないのが『たかばし』のすごいところ。それと久しぶりに食べてもこの豚バラチャーシューはやっぱり旨いっすね。ライスは濃い醤油スープを上からぶっかけダシがわりにして、豚バラチャーシューをおかずに食べる。パツンパツンの麺も、歯応えが強い。
    後半少し、醤油の差し込まれるような印象を受けたので、やっぱりちょっと濃いめなのかもしれない。それと、お店を出た後、若干お腹がもたれました。
  • 【 評価まとめ 】

  • 食後のお腹の持たれ具合から少し評価は下げたが、やっぱり旨い。近県以外の人も京都に着たときは是非とも食べてほしいお店である。
    jkjk
    後で気付いたが、周りにチャーハンを注文している人が多い。どうやら本店では人気のサイドメニューのようだ。スープのダシを使ってご飯を炒めているようで、出てきたチャーハンは茶色がかっているが、めっちゃおいしそう。持ち帰りもあるので、持ち帰りにしようかと思ったが、これから東京に帰るのに荷物になるので止めたが、あれは食っておくべきだった。

    up

店舗:三条堀川店
来店日:2006年12月29日
中華そば

今回の評価:星星星星星星ハマるかも・・
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:中華そば(並)

ラーメンデータ

中華そば(並) 600円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
醤油 中太麺 - やや多め -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 昔からよく食べていたお店。近くに住んでいたときはそれほどおいしいとは思ってなかったが、遠く離れてしまうと無性に食べたくなる。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 真っ黒なスープと表現されることも多い、茶褐色で濃いめの醤油味。魚介スープのようにドロッとして濃厚なタイプではなく、純粋に醤油をそのまま濃くした味。醤油が濃いためわかりにくいが、豚骨・鶏がらなど動物系のダシも、サポート的な役割として活かされている。

    そしてスープと同じぐらい特徴的なのが、なんと言ってもこの豚バラチャーシュー。決してチャーシュー麺ではないのにこの量。もはやチャーシューというよりか肉です。一見すると脂身が多く、脂っこさやくどさをイメージするかもしれないが、全くそんなことはない。むしろこの適度な脂身が良く、また十分にスープを吸い込んだチャーシューの肉質がなんとも言えないほどうまい。
    今回は注文しなかったが、このスープとチャーシューは白飯との相性が抜群で、白飯は必須と言っても決して大げさではない。
  • 【 評価まとめ 】

  • 久しぶりに食べるとやっぱりうまい。懐かしさも加味されているとは思うが、それを差し引いてもうまい。今までたくさんのラーメンを食べてきたが、他で似たようなラーメンを提供するインスパイア店も少なく、『新福菜館』でしか味わえない。
    注意点として、『新福菜館』はそれぞれのお店で味に結構バラつきがある。過去に河原町店で食べたこともあるが、はっきり言っておいしくなかった。自分の知る限り、本店かこの三条堀川店がおすすめ。

    up