東京文京区本駒込のラーメン店「つけめん 四代目けいすけ」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 文京区本駒込 ラーメン店 > つけめん 四代目けいすけ

文京区のラーメン店


つけめん

四代目けいすけ

四代目けいすけ 店舗外観
総合評価評価6
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:その他 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
本駒込 東京都文京区本駒込1-1-14 http://www.grandcuisine.jp/keisuke/
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
けいすけ系 11:00〜15:00、18:00〜10:30
※日祝10:00まで
無休 - カウンター12席 昼・夜別メニュー

その他情報

メニュー
メニュー
お店の説明お店の説明
営業時間
営業時間
つけめんの召し上がり方
つけめんの召し上がり方


来店日:2010年7月10日
焼きもりめん 伊勢海老の滴 全部盛りスペシャル

今回の評価:星星星星星半星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:焼きもりめん 伊勢海老の滴 全部盛りスペシャル

ラーメンデータ

焼きもりめん 伊勢海老の滴 全部盛りスペシャル 1,250円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
魚介豚骨醤油 中平打麺 - やや多い -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 一時期雑誌やテレビで頻繁に取り上げられ、毎日行列ができていたようだが、そろそろ落ち着いている事を予想して来店。18時5分前に到着して、行列は10人。店内はカウンター12席なので、初回の誘導で着席できた。周りの注文状況を確認すると、予想どおりだが9割がつけ麺を注文していた。まあ、夏ってことも影響していると思うが。高級食材の伊勢海老を使っているだけあって、値段設定はデフォルトのつけ麺でも900円と高め。
  • 【 特徴 】

  • 昼の部は[つけめん渡り蟹の滴]、夜の部は[伊勢海老の滴]と、昼と夜で提供メニューが異なる。また夜の部のみ[四代目ラーメン]を提供している。
    夜の部に関しては、通常のつけ麺とは異なり、"焼きもりめん"となり、読んで字の如く、麺を茹でた後に焼いている。正確には大きな中華鍋に油を引いて片面だけを焼いていた。茹でる+焼く、と一般的なつけ麺より工程が1つ多いため、提供時間が長め。また締めにはスープ割ではなくライスボール(無料)というご飯を油で揚げたものを提供している。
  • 【 ラーメンの味 】

  • "伊勢海老の滴"との名前どおり、高級感漂う伊勢海老の風味により贅沢な気分が満喫できます。先入観かもしれないが、『二代目海老そばけいすけ』の[海老そば]よりも風味が豊かで、奥深さが感じられるような気がする。
    二代目のつけ麺はつけダレの粘度が強くドロドロだったが、四代目において粘度はほとんど感じられない。また、二代目は海老をメインに据えたシーフード味だったが、四代目はストレートな海老味。つけダレの中には一切の具は入っておらず、全部盛りを注文したので麺皿にトッピングが盛られているが、デフォルトでは具なしである。具で際立っていたのは、チャーシューで、脂ののった肉質がバリうま。

    麺には大きめにカットされたレモンが添えられており、油っぽさを強く感じた場合、レモンを絞って緩和させることができる。そしてこの焼かれた麺だが、味では香ばしさが演出されており、また麺をすするとパリッとした食感が加わる。でも焼かれた麺がほぐれにくく食べにくいのが難点。

    締めのライスボールは、ただ油で揚げたライスではなく実は隠し味がある。「つけめんの召し上がり方」には○○○味と伏せられていたが、答えはカレー味です。うまい、まずいは別にしても、この最後まで飽きさせない演出が素晴らしいですね。まあ、結論的にライスボールは悪くはないですがなんとも微妙でした。
  • 【 評価まとめ 】

  • 高級食材の伊勢海老を使用するというアイデア・独自性やその試みが高く評価できる。ただし若干だが、後半くどさを感じたので、量を間違うと味の印象値が失速する可能性があるので注意。ちなみにくどさを感じた原因は、麺の油と伊勢海老の強すぎる風味によるものと思われる。
    値段設定は高めだが、女性・男性問わず一度は食べておいて損はないつけ麺でおすすめできます。他のラーメン店では感じられない、贅沢な気分が味わえますよ!

    up