東京文京区春日のラーメン店「本枯中華そば 魚雷」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 文京区春日 ラーメン店 > 本枯中華そば 魚雷

文京区のラーメン店


本枯中華そば

魚雷

魚雷 店舗外観
総合評価評価5
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:魚介醤油 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
春日、後楽園 東京都文京区小石川1-8-6 http://bond-of-hearts.jp/
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
ボンドオブハーツ系 11:00〜15:00、18:00〜23:00 水曜日 - カウンター4席
テーブル4人×3卓
-

その他情報

選べる具材
選べる具材
メニュー
サイフォン


来店日:2010年7月3日
特選本枯そば

今回の評価:星星星星星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:特選本枯そば

ラーメンデータ

特選本枯そば 900円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
魚介醤油 細麺 - 普通 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 後楽園駅を挟んで南側は東京ドーム・遊園地などがあり人通りも多いが、北側はなんとも寂しい。そんな立地が関係しているのか、ラーメン業界における2010年の注目店なので行列を覚悟していたが、先客3名ですんなり着席。
    店頭にはデカイ看板以外にも魚雷のオブジェが飾ってあることでお店の存在感が強く、前を通ると嫌でも目につく。
  • 【 特徴 】

  • サイフォン
    手鍋ではなくサイフォンを使ってスープを作っている点。サイフォンを使うことで手鍋に比べて、香りが逃げない、保温性が高い、アクが取れる等の利点があるそうだ。

    本枯節(ほんかれぶし
    スープの出汁には「本枯節」を使用。本枯節とは、何度もカビつけと日乾を繰り返し、手間暇をかけて作った極上の鰹節。

    エスプーマ
    亜酸化窒素を使い、食材をムースのような泡状にする調理法。『魚雷』では鰹ダシをエスプーマで泡状にしている。

    具材選択システム
    9種類の具材から好みの3種類を選べる。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 今回選んだ具材は姫たけ、なると、ちんげん菜。ちなみにラーメンのベースを"特選"で注文したため、炭火焼豚、鶏チャーシュー、煮玉子は最初から入っている。細麺だからか、注文してから提供時間までが2分ぐらいと、博多ラーメンにも負けない提供スピード。

    さてラーメンだが、シンプルな具に透明感のあるスープと、これぞまさしくビジュアルはシンプルながら奥深いうま味だけを抜き出した"淡麗系ラーメン"。「うーんあんまり淡麗系は好みではないのだが・・」とスープを飲んでみて驚いた。ベースは鶏ガラ醤油にサポート的役割として魚介が使用されているが、他店とは次元の異なるコクの強さ。味の深さではなくコクの強さが際立っている。このあたり本枯節やエスプーマによる効果なのかな。

    具では、姫たけ、鶏チャーシューが秀でて良い。姫たけは初めて食べたが、さっくりとし歯応えに癖が少ない味で、自己主張が少ない分メンマよりもラーメンに合ってると思う。脂身部分を多く含んだ鶏チャーシューは、唯一自己主張の強い具で、あさっりしたスープに反して存在感があるし、脂身多めの肉質が逆に旨い。
  • 【 評価まとめ 】

  • 淡麗系ラーメンの中でも頂点を極めたと言って良いほどのレベル。食べた後もスープの旨味が口に残る余韻による、後味の良さもプラス。
    ただし、この手ラーメンを食べた時は繰り返し書いているが、食べ応えがない点と、常習性の低さが問題。食べ応えに関しては、ご飯ものと組み合わせるなどしてなんとかなるが、常習性の低さはこの手の淡麗系ラーメンにおいては最大の課題。二郎のように時折無性に食べたくなるような中毒性の高さは、レシピに組み込めない難しさがあるものの、流行るお店においては必須要素だと思う。ラーメン業界の中では評判が高くても、行列ができていないのはこのあたりが理由なのではないかと。

    up