東京文京区白山のラーメン店「白山 火風鼎」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 文京区白山 ラーメン店 > 白山 火風鼎

東京都文京区のラーメン店


白山

火風鼎

(かふうてい)
白山 火風鼎 店舗外観
総合評価評価4
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:醤油 塩 味噌

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
白山 東京都文京区白山1-31-9 -
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 11:00〜15:00、17:00〜21:00
※日曜日は19:00まで
月曜日 - カウンター11席 -

その他情報

メニュー
メニュー


来店日:2010年10月9日
チャーシューメン

今回の評価:星星星星星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:チャーシューメン

ラーメンデータ

チャーシューメン 950円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
醤油 中麺 - 普通 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 巣鴨に用事があったついでに来店。時間は17時だけど、どしゃ降りの雨で周りは真っ暗だし人通りもまばら。それでも先客は4名ほどおられました。おすすめの[チャーシューメン]を注文。
  • 【 白河ラーメン 】

  • スープは豚骨・鶏ガラを主体に用いた、濃い目の醤油ベース。麺は多加水の幅広縮れ麺を使用し、伝統的には、木の棒で麺を打ち、包丁で切り出し、手で揉んで縮れをつける。白河ラーメンは、伝説のラーメン職人故竹井寅次氏(通称とらさん)の考えだしたスタイルを受け継いだラーメンでもあり、彼が創業した『とら食堂』は現在でも白河ラーメンの代表格に挙げられている。
    『火風鼎@白山』はとら食堂の直系店ではないが、チャーシューが地元で人気の行列店。こちらのお店は、火風鼎本店店主の息子さんが運営されているそうです。
  • 【 ラーメンの味 】

  • まず出てきて感じたのが香ばしいような匂い。これはチャーシューだろうか、それとも濃い口醤油のスープから出ているのかな?自分が懐かしいと感じたのはこの香りが『新福菜館』と酷似していたため。濃い口の醤油との前評判通り、魚介などを使用しない純粋な濃い口の醤油スープ。それにしてもシンプルな醤油スープなのにめちゃくちゃコクがありますねぇ。
    そしてこの縁が赤身がかった、鯨ベーコンのようなチャーシュー!トロトロタイプではなく、歯応えで味わうタイプで、サクサクした歯応え。良い意味で癖が少ないので枚数が多くても飽きることがない。
    そして一番ビックリしたのが麺。麺の表面を覆うザラツキ加減が、ラーメンといううより蕎麦に近く、また弾力が強い。ゴムを連想させるぐらい弾力が強く、こんな麺は未だかつて初めてかも。白河ラーメンの特徴に"包丁で切り出し"となっていたが、乱切りっぽい感じで太さが少し不均衡な点が手打ちっぽくて逆に良い
  • 【 評価まとめ 】

  • スープ、チャーシュー、麺どれを取っても素晴らしいです。スープもチャーシューも良かったが個人的には、初めて体験したこの弾力の強さと新食感の麺に感動した。シンプルな醤油ラーメンでこれだけオリジナル性を出せるとは正直驚き。他のラーメン店ではちょっと味わえないラーメンなのでおススメできます!

    up