東京文京区春日のラーメン店「信濃神麺 烈士洵名」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 文京区春日 ラーメン店 > 信濃神麺 烈士洵名

文京区のラーメン店


信濃神麺

烈士洵名

烈士洵名 店舗外観
総合評価評価6
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:魚介醤油 味噌 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
春日、後楽園 東京都文京区西片1-15-6 http://bond-of-hearts.jp/
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
ボンドオブハーツ系 11:00〜25:30
※売り切れ次第終了
月曜日 - カウンター3席
テーブル4人×3卓
-

その他情報

おしながき
おしながき
厳選素材
厳選素材


来店日:2010年7月17日
らーめん(+味玉)

今回の評価:星星星星星星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:らーめん(+味玉)+ぶためし

ラーメンデータ

らーめん(+味玉)800円※太麺 +ぶためし150円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
魚介醤油 中平打麺 - 普通 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 土曜日の17時半ごろで先客1名。ラーメン業界においては有名だけど、行列ができるって訳ではないようだ。
    サイドメニューにおいては、ぶためし、チャーハン、焼肉丼とあっさりしたラーメンと組み合わせるには申し分のないサイドメニューの構成。ラーメンの麺は細麺・太麺を選択できる。
  • 【 特徴 】

  • 烈士洵名最大の特徴は、厳選されたこだわり素材。スープは鶏ガラ、魚介、昆布のトリプルスープ。動物系では、信濃の地鶏、信州みゆき豚、大豚、信州SPF豚の背油、香味野菜など。魚介ではカマス干し、イリコ、鰺干し、鯖節、鰹節など、昆布は羅白昆布を使用。醤油は信州白醤油。白醤油とは、大豆よりも小麦が多く糖分が高め、香りも独得なことが特徴。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 今回もやってしまったが、味玉を追加したところ、デフォルトでも半分入っていた。追加するなら白ねぎにしとけば良かったとちょっと後悔。

    見た目シンプルな醤油スープだが、味のコク、深み共々、まさにビジュアルはシンプルながら奥深いうま味だけを抜き出した淡麗系ラーメンの中でも至高の領域。総じてあっさりしているがコクが強く、化学調味料ではないほのかな甘味が感じられる。またトリプルスープの効果か、スープに深み・奥行きがあり、シンプルながらもな味が素晴らしいです。具ではメンマの代わりにエリンギをメンマのようにカットしたものが珍しい。

    サイドメニューの[ぶためし]もいいですね。豚は炙られ焼き目が付いており、焼き肉のタレと絡ませている。肉の量が少ないのが難点だけど、150円とリーズナブルな価格設定のためセットで注文しやすい。
  • 【 評価まとめ 】

  • うーん、淡麗系ラーメンでここまで相性の良いラーメンは初めてかも。2号店の『魚雷』よりも、『烈士洵名』の方が、若干だが好みかな。
    あえて言うならスープ以外の部分でインパクトの強いサプライズが欲しかったが、まあこのシンプルさが逆に良いような気もするし。評価は迷ったが、迷った時はポジティブ評価ということで思い切って最高点にしました。ただし、あくまであっさり淡麗系なので、二郎のような背脂コッテリラーメン好きには合わないと思うのであしからず。

    up