東京千代田区神田神保町のラーメン店「麺者 服部」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


千代田区のラーメン店


麺者

服部

麺者 服部 店舗外観
総合評価評価4
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨魚介醤油 つけ麺 その他

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
神保町 東京都千代田区西神田2-1-8 -
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 11:30〜16:00、17:30〜22:00
土曜は15:00、祝は20:00まで
日曜日 - カウンター11席 -

その他情報

看板
看板
メニュー
メニュー


来店日:2010年7月14日
特製じゅーしーつけめん

今回の評価:星星星半星白星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:特製じゅーしーつけめん

ラーメンデータ

特製じゅーしーつけめん 1,000円 +俵おむすび 30円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨魚介醤油 中細平打麺 大盛無料

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • つい数週間前、ラーメン女子大生こと「本谷亜紀」さんがテレビで紹介していたお店。平日の12時半ごろで、2名のwaiting(待ち)。店内は冷房が効いておらず、夏場にラーメンを食べるにはちと厳しい環境。テレビで紹介されていたのは、夏季限定第2弾[トマト丸ごと入り真っ赤ジュレじゅーしー]だったが、周りの注文状況を観察すると、7割がつけ麺、2割がラーメン、1割が限定メニューという割合だったので、[特製じゅーしーつけめん]を注文。
    それにしても、これだけ暑いのに一定数ラーメンを食べている人がいること、それ以外にも意外と女性客が多い事に驚いた。
    どうでもいいけど、メニューに[香り味玉添えじゅーしーつけめん/850円]と[香り味玉添えじゅーしーつけめん/900円]と同じ名前で異なる値段が書かれている。恐らく850円の方がラーメンの間違いだと思うが、メニューに堂々と誤植があるお店は初めて。
  • 【 ラーメンの味 】

  • つけダレは、粘度が強い豚骨魚介系ではなく、濃厚だけどさらりとした食感。動物系よりも醤油と魚介の主張が強いが、魚介と言っても削り節を全面に押し出した、昨今流行りの魚介系とは一線を画す味。魚介系にしてはさっぱり感が強く、くどさを全く感じさせないのが良い点だが、難を言えばややしょっぱい。麺に付いていたレモンを絞ると清涼感が増し、味に重層感も出た。

    味玉はベルガモットの香りづけをした他にはない味付け卵とのこと。ベルガモットって?フェラガモの親戚?調べると「ミカン科の常緑低木で果皮から抽出され、軽くフレッシュで甘い香りを放つ精油(エッセンシャルオイル)」とのこと。調べてもすごさがわからない・・・(汗)味的にもつけダレの味にベルガモットの香りが負けてしまい、すごさを実感できなかった。その他、ほぐしチャーシューもややしょっぱめ。

    俵むすびはランチタイム30円で、残ったスープやつけダレに投入することを進めていた。最近ではスープ割の代わりに、ご飯を投入しリゾット・雑炊風で食べるお店が増えている。個人的にはスープ割よりもリゾット・雑炊風の方が好み。ご飯を食べてこそ、最後の締めって感じがします。『麺者 服部』の場合、つけダレと白いご飯の相性がピッタリで、雑炊というよりリゾットに近い。
  • 【 評価まとめ 】

  • 何処にでもありそうで、意外とない味かも。魚介のドロドロした濃厚系と異なり、さっぱり感が強い点が女性に人気の秘密なのかも。しかし、メニュー名に"じゅーしー"となっていたが、どの辺がジューシーなのか謎。

    up