東京千代田区水道橋のラーメン店「ぽっぽっ屋」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


千代田区のラーメン店


ぽっぽっ屋

ぽっぽっ屋 店舗外観
総合評価評価6
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨醤油 油そば つけ麺

お店のデータ

店舗 系統 ホームページ
日本橋本店、水道橋店、晴海トリトン店 - http://www.potupotuya.com/
実食済店舗 住所 営業時間 定休日 接客 席数 その他
水道橋店 東京都千代田区三崎町2-21-11 11:00〜15:00
17:30〜22:30
土曜夜の部・日・祝 - カウンター8席
-

その他情報

看板メニュー
看板メニュー
無料トッピング
無料トッピング


来店日:2010年10月26日
らーめん(+味付け玉子)

今回の評価:星星星星星星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:らーめん(+味付け玉子)

ラーメンデータ

らーめん(+味付け玉子) 800円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨醤油 太縮れ麺 やや多い

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 11時半という時間帯に、神保町あたりで昼食をとれる機会ができたので、これはチャンスとばかりにいつも行列ができている『二郎@神保町』に向かったが、11時半にも関わらず30人ぐらいの行列。平日の11時半で行列30人って・・・・どういう事?( ̄Д ̄;) 仕事の合間なのでとても並べまへん。土日祝は休みだし、ここの二郎はいつ行けば食べられるのやら・・・。

    ってことで、第2候補の『ぽっぽっ屋@水道橋』へ。『ぽっぽっ屋』は2003年7月に、当時働いていた職場の友人と『ぽっぽっ屋@中野新橋店』に訪れ、2人揃って味に絶賛したのが出会いだった。その後も、ちょこちょこ食べていたのだが、2006年頃に長期休業となり、そのまま閉店。
    その後は、機会があれば水道橋店に行きたいと思いつつも3年余りが経過。本日ついに積年の思いようやく実現しました。
  • 【 メニュー 】

  • 『ぽっぽっ屋@中野新橋』で食べていたときは、ラーメンとつけ麺どちらもおいしかったので交互に食べていたが、ラーメンデータベースの情報によると、『ぽっぽっ屋@水道橋』では油そばの評価が高い。でも数年ぶりの『ぽっぽっ屋』だし、やっぱり無難にラーメンを注文。
    無料トッピングには二郎で見慣れた野菜、濃いめ、ニンニク、背脂以外に、玉ねぎ、濃厚旨み脂がある。玉ねぎは中野新橋にもあったが、濃厚旨み脂は初耳。旨みの詰まった液体脂との説明に興味をそそられ寸前まで迷ったが、とにかく久々なのであまり冒険しないようにニンニクを少しだけ追加するに留めた。
  • 【 ラーメンの味 】

  • ぽっぽっ屋の特徴はなんといってもこのバリ硬麺。デフォルトでも相当硬く、ここまで硬いとコシもクソもなく、まさに博多ラーメンで言うところのハリガネ!太くて硬いので麺をすすることができず(汗)、かじるという表現が一番しっくりくるかも。しかしこの麺が、何故かハマる要因の1つ。
    スープは豚骨醤油で、背脂は想像よりも控えめだったがスープは濃ゆ!これは醤油が効きすぎてめちゃくちゃ濃いい!しかも化調が効きすぎてヒリヒリするし。麺と浸して食べるのはまだ良いがスープ単体ではとても飲めない・・・。チャーシューはトロトロタイプではないが、サクサクした歯応えで柔らかい。このチャーシューはおいしいっすね。
  • 【 評価まとめ 】

  • なんか同じ系列店なのに閉店した中野新橋のラーメンと全然違う。麺と具は似ているが、大きな違いはスープ。中野新橋のスープは表面にはたっぷりの背脂、中層には野菜をミキサーでペースト状にしていたのか、ドロドロした野菜の旨味や甘味が凝縮されていたが、水道橋はやけに化調と醤油味が強いだけのスープ。全般的にジャンクフード感がとても強い。客が全員男性なのが納得。まあ、全般的に水道橋店も特徴があって悪くはないですが、中野新橋店の味を期待していただけにガックシ・・。本店はどうなんだろう?なんとなく、あまり期待できなさそう・・。
    今から考えると中野新橋店は、ベジポタ系つけ麺がメジャーになる2009年より数年も前にラーメンにおいてベジポタを導入していた先駆者だったのかも。あの中野新橋のラーメンの味は今となっては幻になってしまった・・・。

    up