東京町田市町田のラーメン店「胡心房」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


町田市のラーメン店


胡心房

(こしんぼう)
胡心房 店舗外観
総合評価評価3
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
町田 東京都町田市原町田4-1-1 -
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 12:00〜15:00、18:00〜21:00
日・祝12:00〜20:00 ※売切れ次第終了
月曜日
※祝日は営業
良い カウンター9席
テーブル4人×1卓、 2人×1卓
-

来店日:2010年8月15日
味玉らぁめん

今回の評価:星星星星白星白星惜しい!
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:味玉らぁめん

ラーメンデータ

味玉らぁめん 800円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨 中細麺 普通

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • お盆休暇の最終日に、朝からバイクの手入れをして遠出したくなったので、そのままGWに続く町田遠征第2弾に出発。前回早々に売り切れ閉店して食べられなかった有名店、『胡心房』にやってきました。14時前の到着で、waiting(待ち)はないのものほぼ満席状態。
    それにしてもお店の背面がガラス張りで、すぐ後ろを電車が走る光景がなんだか珍しくもあり、何故か子供のように嬉しかった。夕方以降にもう一軒行く予定だったのでおすすめの[味玉らぁめん]のみを注文。

    ちなみに偶然にもフードライター兼ラーメン評論家の「北島 秀一」氏がおられました。新店を積極的に食べ歩かない自分なので、有名人に合うのは初めて。業界人なので、周りの人は全く気付いてませんでしたけど。
  • 【 特徴 】

  • おすすめは[味玉らぁめん]という事以外、ほとんど前情報なしで来店したが、基本的に期間限定メニューなどを除けばスープのベースは豚骨1本のようだ。
    しかし、ラーメンのカロリーを気にする女性客に向けた、女性限定メニュー「ヘルシーセット」や、単品でサラダをサイドメニューに用意するなど、『胡心房』は女性層から支持されている所以は女性店主ならではの、着眼点・発想・気配りなどによるものだろう。単にスタッフ全員が女性なので、世のラーメン好きの男共が通って行列ができているって訳ではないみたい。歪んだ偏見でした (ー_ーゞ。

    それにしても従業員さん全員女性ですが、人数多いっすね・・・。5人ぐらいはいたかと思うが、さすがは有名店だからこそできる人件費の使い方。
  • 【 ラーメンの味 】

  • まず目につくのが、添えられたレタス。これまでキャベツはあってもレタスは初めての経験だが、ここにもヘルシーさを連想させるお店の特徴が窺える。でも、個人的にレタスは可もなく不可もなくでしたが。

    さて、ラーメンは乳白色した豚骨スープで、かなりマイルドな味。これまで何杯もの豚骨ラーメンを食べてきたが、『胡心房』はこれまで食べた中でも1、2を争うぐらいマイルド中のマイルド。おまけに、マイルドな豚骨スープに対して、マー油独特のアクセントが良い仕事してます。もちろん、マイルドなだけではなく豚骨の旨味もバッチリスープに濃縮された状態で詰まってるし。スープはこの暑さだし、2軒目もあるので完飲しない予定でしたが、あまりにおいしかったので最後まで飲み干してしまった。
    スープは良く、また全体的にバランスも良いが、それ以外での突出した部分は感じられなかった。味付玉子もおすすめしていた割には、それほどでもなかったし。チャーシューは無難においしいけどね。
  • 【 評価まとめ 】

  • スープが突出して良かったのと、全体的なバランスも○(マル)。でも後一歩、何かが欲しかった・・・。何か仕掛けを期待してしまうのは、ラーメンフリークの悪いところかも知れないけど。でもこのマイルドさなら、女性に人気があるのが頷けるほど食べやすく、後味も良い。

    そして、味以外ではお店の接客も素晴らしいです。全員女性だけど接客最悪ってのは洒落にならないけど、飲食店の中でマニュアル化していない分野の接客としてはトップクラスに入ると思う。複数顧客、家族連れへの気遣い、個々お客さんに対する感じの良い応対など、すごく良かったです。ファーストフード店のマニュアル化された接客はともかく、家族経営のお店ですごく接客が良いお店の場合ともちょっと違ったタイプの良さ。別にスタッフ全員が女性だから色メガネで見てってことでは決してなくて。でも男だから多少はあるかも(汗)・・・。いやでも本当に良かったですが、店主「野津理恵」さんの味以外でのこだわりや姿勢が接客においても見受けられました。
    これら接客と女性層を意識したメニュー構成など、付加価値部分をプラスして総合評価はやや高めにしました。

    up