東京武蔵野市吉祥寺のラーメン店「麺処 中村屋」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


武蔵野市のラーメン店


麺処

中村屋

中村屋 店舗外観
吉祥寺店
総合評価評価5
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:塩 醤油 つけ麺

お店のデータ

店舗 系統 ホームページ
海老名本店、吉祥寺店 - http://www.dearest-style.com/
実食済店舗 住所 営業時間 定休日 接客 席数 その他
吉祥寺店 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-19-7 11:30〜22:00
金土祝日前は23:00まで
無休 - テーブル
2人×10卓、4人×2卓
-

実食店舗:吉祥寺店
来店日:2010年9月18日
あじ玉らーめん(塩)+サラダご飯

今回の評価:星星星星半星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:あじ玉らーめん(塩)+サラダご飯

ラーメンデータ

あじ玉らーめん(塩) 800円 +サラダご飯 350円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
細麺 普通

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • かなり前から気にはなっていたが、海老名という遠い土地柄により敬遠していたお店。吉祥寺店のは『三四郎@お茶の水』であり、2010年8月の吉祥寺移転と共に店名を『中村屋』としてオープンした。
    2Fの『WeST PArk CaFE』とのコラボ店でもあり、入口が兼用となっている。入店すると、どちらの店舗を利用するのか尋ねられるが、2Fの『WeST PArk CaFE』を利用する人にとっては、入口がわかりにくく、悪条件だと思うが・・・。店内はテーブル席のみで、喫茶店のような造りになっている。吉祥寺という土地柄を考慮してか、若い世代の女性や、カップルなどでも入りやすいお店。
    『中村屋』は醤油よりも塩の方が評判が良いので塩を味玉付きで注文。またサイドメニューで気になった[サラダご飯]もついでに注文してみた。
  • 【 ラーメンの味 】

  • スープは鶏ガラをベースに昆布にサバ節、カツオ節などからダシを摂っているとのこと。鶏ガラと塩ベースの澄んだ雑味がないシンプルなスープで、魚介は補完的な役割として使われておりはっきりとした存在感はない。塩ラーメンのスープにおいては完成度が高いと思うが、このシンプルさが逆に少しだけ物足りなさを感じてしまった。微細な鶏油の風味も感じられるが、こちらも存在感は控えめ。

    素晴らしかったのは味付玉子と炙りチャーシュー。味付玉子の味付は抜群です!これまで食べた味付玉子の中でも1番かもしれないぐらい美味しかった。炙りチャーシューにおいても元祖なだけあて肉質や炙ったことによる風味など抜群です。チャーシュー麺に味玉と付けて注文すると満足感がもっと上がりそう。

    そしてサラダご飯は、本当にサラダがのっている。サラダとご飯って合わないような気がするが、タレがうまく両者を絡ませてくれるので違和感はなかった。でもチャーシュなどの肉系も多少は絡ませて欲しかったかな・・・。それと350円はちょっと高いっす。
  • 【 評価まとめ 】

  • スープに定評があるとの前情報だったが、具材の方が際立っていた。全体的にはスープや具材単体で云々というよりかはやっぱりバランス型のラーメンかな。ラーメンの味的にもお店の雰囲気的にも、特に女性層におすすめできるかも。
    評価は迷ったが、具材のレベルの高さとバランスを重視して、ポジティブ評価にしました。