東京練馬区江古田のラーメン店「ラハメン ヤマン」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 練馬区江古田 ラーメン店 > ラハメン ヤマン

練馬区のラーメン店


ラハメン ヤマン

(Rahmen Yaman)
ラハメン ヤマン 店舗外観
総合評価評価4
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨醤油 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
江古田 東京都練馬区栄町22-1 -
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
玄系 11:00〜20:00 木曜日 - カウンター9席 -

その他情報

メニュー
メニュー
塩らは
塩らは


来店日:2010年5月18日
味玉らはめん+豚角煮丼

今回の評価:星星星星白星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:味玉らはめん+豚角煮丼

ラーメンデータ

味玉らはめん 750円 +豚角煮丼 350円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
魚介醤油 中麺 - 普通 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 平日20時の閉店前に駆け込み入店。閉店間際のためか先客なし。無化調が特徴のお店だが、自分はあまり無化調のラーメンと相性が良くないので、職場の女性に同行してもらった。
  • 【 特徴 】

  • ジャマイカの国旗が翻った店頭、ドレッドヘアーの店主など、レゲエをモチーフにしていると思われる。また、このお店では「ラーメン」の事を「らはめん」と呼ぶ。同行者が店主に英語表記「Rahmen」だから「ラハメン」なんですか?と訪ねたところ、「まあそんなところです。あまり深い意味はないです(苦笑)」と回答していた。
  • 【 ラーメンの味 】

  • スープはゲンコツ、鶏ガラの動物系に、煮干、サバ節などの魚介系、さらに昆布、椎茸、茶樹(ちゃじゅ)きのこを加え和風テイストに仕上がっている。あくまで主役は醤油で、魚介や昆布、きのこなどは味の深層的な部分で活かされている。無化調のため非常に癖がなく食べやすい反面、個人的にはパンチが弱く感じてしまう。
    タピオカを練りこんだ自家製麺も、ラハメン ヤマン特徴の1つ。コシよりもツルツルした食感と弾力のある歯応えがいいですね。具は、ほうれん草、海苔、メンマにチャーシュー。

    豚角煮丼に関しては、角煮自体は柔らかくておいしいが、ご飯に少量のタレしかかかっておらず、白いご飯を持て余してしまったのが残念。値段も考慮するとあえて注文する必要はなかったかな。
  • 【 評価まとめ 】

  • 昨今の魚介を全面に押し出したタイプのラーメンとは一線を画す味。おいしいですが、やはりパンチに欠ける部分で評価が伸び悩んでしまう。ちなみに[塩らは]のスープを少し飲んでみたが、鮮やかな塩味にしその風味が効いており、醤油ベースの[らはめん]より主張がはっきりしていた。同行者に感想を聞いてみたところ、「今まで食べたことのないタイプのラーメンで味的にもおいしかった」と言っていた。自分的にも塩の方が正解だったかも・・。

    up