東京西東京市田無のラーメン店「麺匠 ヒムロク」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 西東京市田無 ラーメン店 > 麺匠 ヒムロク

西東京市のラーメン店


麺匠

ヒムロク

麺匠ヒムロク 店舗外観
総合評価評価5
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨魚介醤油 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
田無 東京都西東京市田無町3-9-10 -
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 11:30〜16:00
※スープなくなり次第終了
水曜日 - カウンター13席 -

その他情報

券売機券売機
メニュー
メニュー


来店日:2010年3月13日
つけそば中(+味玉)

今回の評価:星星星星星白星惜しい!
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:つけそば中(+味玉)

ラーメンデータ

つけそば中(+味玉) 780円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨魚介醤油 太麺 中盛無料

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 日曜日の3時ごろ到着。売切れ次第終了とのことでヒヤヒヤしたが、やってて良かった。従業員は店主1名のみ。これぐらいの有名店で店主1名ってのも珍しい。そのためか、入替え制になっているが、食べるのが遅い人にとっては軽くプレッシャーになる。それと、家族連れや大人数とかにも不向き。
    タイミング良く次の入れ替えに入れたので、15分ほどで着席。一応ラーメン(中華そば)もあるが全員つけ麺を食べていた。
  • 【 特徴 】

  • 麺は一斉に茹で、全て一緒のザルで冷やして、それぞれの器に取り分けていた。麺は4種類の小麦粉をブレンドした三河屋製麺の特注麺。その他、無化調を謳っている。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 非常にまろやかで濃厚な豚骨魚介系のWスープ。甘味や酸味は感じられず、削り節メインのベジポタ系つけ麺。玉ねぎ・ジャガイモペーストのおかげか、濃厚だがくどさがなくまろやかな味。それと最近はドロドロした高粘度のお店が増えているが、粘度がそれほど高くなく、つけダレも冷めにくくて食べやすいのがプラス評価。
    4種類の小麦粉をブレンドした三河屋製麺の特注麺もいいです。小麦粉の風味も良いが、粘りのあるモチモチ感がグルテンの存在を感じさせる。でも抹茶のような薄緑色をしているのはブレンドした小麦粉の成分によるものかな?

    追加トッピングのチャーシューはバーナーで炙っていたが、デフォルトは乱切りのチャーシューがいくつか、つけダレに入っているだけで、味は普通。それと味玉にほとんど味が感じられずいまいちだった。
  • 【 評価まとめ 】

  • 同じくベジポタ系の代表格『えん寺』のつけ麺に、つけダレだけでなくモチモチした麺など、酷似しているが、違いは『麺匠ヒムロク』の方がつけダレの粘度がゆるめ。
    スープと麺にはほとんど文句はないが、課題は具。具でも何か強みを感じさせるような要素が欲しいところ。満点にしようかと思ったが、具だけが少し気になったので"惜しい"を付けるにとどめた。