東京渋谷区渋谷のラーメン店「道玄坂 マンモス」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 渋谷区渋谷 ラーメン店 > 道玄坂 マンモス

渋谷区のラーメン店


道玄坂

マンモス

マンモス 店舗外観
総合評価評価5
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨醤油 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
渋谷、神泉 東京都渋谷区道玄坂2-10-1 -
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
えん寺系 11:30〜16:00、17:30〜23:00
日祝11:30〜22:00
無休 - カウンター11席 -

その他情報

麺の種類
麺の種類
メニュー
つけ麺の食べ方


来店日:2011年11月28日
濃厚つけ麺(極太麦芽麺)

今回の評価:星星星星星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:濃厚つけ麺(極太麦芽麺)

ラーメンデータ

濃厚つけ麺(極太麦芽麺) 800円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨魚介醤油 太麺 普通 大盛無料

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 本当は違う店で食べる予定だったが、急に濃厚系のつけ麺が食べたくなったので予定を変更して来店。15時頃のため周りの飲食店はガラガラだが、3人ほど先客あり。後で知ったが店主はペジポタつけ麺で一世を風靡した『えん寺@高円寺』出身。メニューはラーメン、つけ麺の2種類のみで、麺はもちもち麺と麦芽麺から選べる。小麦の風味が強い麦芽麺を選択。また、大盛り無料だが普通で注文。
    どうでも良いけど店名の由来は何だろう?なんか「マンモス」って店名にセンスのなさを感じてしまうのは自分だけ?
  • 【 ラーメンの味 】

  • 器の大きさから普通で注文したが、器の中でスノコにより底上げされている。これなら大盛にしとけば良かったとちょっと後悔・・・。
    つけダレは濃厚でドロドロな、いわゆるドロ系つけ麺。この粘度はつけダレが麺にめっちゃ絡みつく。麺をつけダレに浸して食べるというより、絡めて食べると言った表現が適切。動物系の出汁でグイグイ攻め込まれるようなパンチの効き方だが、ペースト状にした野菜を混ぜ込んでいるのでくどさは感じない。鰹節中心の魚介風味も強いが、やや動物系の方が勝っているかな。なんと言っても、つけダレの旨味成分が半端ない!
    また、『えん寺』と同じく、麺と一緒に自然と口に入るほぐしたチャーシュー入り。柚子の風味はつけダレに負けている。麦芽麺は強い小麦粉の風味にモチモチ感が強め。
  • 【 評価まとめ 】

  • とにかくこの強烈なパンチの効き方に対して、全くくどさを感じさせない技法は、さすが『えん寺』系列といったところ。ただし、本家と比較して『マンモス』独自のものがないので、今後は本家の味プラスアルファのアレンジに期待。

    up