東京杉並区高円寺のラーメン店「ラブメン楽々」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 杉並区高円寺 ラーメン店 > ラブメン楽々

杉並区のラーメン店


ラブメン楽々

ラブメン楽々 店舗外観
総合評価評価4
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨醤油 油そば

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
高円寺 東京都杉並区高円寺北1-4-10 ※環七道路沿い http://luckluck.growz.net/
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 11:30〜15:00、18:00〜25:00
※日曜日は23:00まで
月曜日 - カウンター8席
-

その他情報

無料トッピング
無料トッピング
メニュー
メニュー


来店日:2010年5月30日
ラブメン小

今回の評価:星星星半星白星白星ミス!
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:ラブメン小

ラーメンデータ

ラブメン小(野菜マシ+ニンニク+唐辛子) 650円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨醤油 太麺 - 多い -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 2009年オープンにしては、お世辞にも清潔感があるとは言えない店内。元々、『創家』とうい家系ラーメンの跡地にできたお店なので、「居抜き物件」なのかな?日曜日の14時半ごろで先客1名だったが、後から4人ほどお客さんが入ってきた。画像を見れば一目瞭然で"言わずもがな"だが、ラーメン二郎の模写である。無料トッピングの内容は二郎と同じ。
  • 【 貼り紙 】

  • 店内の貼り紙には「注文はこちらからお伺いしますので、こちらから声をおかけするまでしばらくお待ちください」と書かれていたので、黙って様子を窺っていた。店員さんもこちらからの注文を待っている様に見えたが、貼り紙に従い向こうから声を掛けてくるまで待ち続けた。すると後から入店してきたお客が普通に注文。その注文に併せて「お決まりですか?」と声を掛けてくれたが、その後のお客さんも普通に注文していた。この紛らわしい注意書きは何のためにあるのやら・・・。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 野菜マシで注文したのでカラメ(味濃いめ)で注文しようか迷ったがデフォルトの濃さがわからないのでとりあえず普通にした。しかし、結果的には野菜の水分にスープの濃度が負けており、水っぽさが強く感じられたので判断をミスった。予想以上にデフォルトにおけるスープの濃度が低く、アブラの量が少なかった。

    スープは二郎のようなパンチの効いた豚骨醤油に脂たっぷりと言うものではなく、ベースの醤油に微弱な豚骨の出汁、アブラはほとんどなし。アブラ増量、カラメで注文したとしても根本的にスープにおける豚骨の旨味が弱いため、満足いく味になるのかちょっと微妙。他お客さんの様子を窺うと、二郎ほど野菜マシトッピングを付けている人が少なかったので、『ラブメン楽々』では野菜マシは付けない方が良いのかもしれない。
    その他では、太くてコシが強い麺は良い。チャーシューは煮豚とフライパンで焼いた焼き豚の2種類入り。悪くはなかったと思うが、スープの薄さに気を取られたのか、あまり印象に残っていない。案の定、麺よりもモヤシが最後まで器に残ってしまった。
  • 【 評価まとめ 】

  • とにかく、モヤシによる水っぽさがマイナス。カラメ、アブラ増量もしくは野菜マシをしないことでこの点をクリアできれば良いが、野菜マシは無料トッピングの定番なので、できれば考慮してデフォルトから濃度やアブラの量を増やすか、野菜マシだけ濃くするなど工夫がほしい。コストパフォーマンスは高いが、二郎との差別化ポイントも少なく、むしろマイナス面が目立ってしまった。
    それと、最近は二郎インスパイア系ラーメン店が増えており、この無料トッピングのサービスも以前ほど新鮮味がなくなってきたように思える。『ラブメン楽々』さんだけではないが、正直モヤシを湯通ししただけでは、味もへったくれもないので、パフォーマンスだけを追い求めるのではなく、味が伴ったものにしてほしい。

    up