東京杉並区永福町のラーメン店「永福町 大勝軒」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 杉並区永福町 ラーメン店 > 永福町 大勝軒
> 多店舗展開 ラーメン店 > 永福町 大勝軒

多店舗展開のラーメン店


永福町

大勝軒

永福町大勝軒 店舗外観
永福町本店
総合評価評価4
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:魚介醤油

お店のデータ

店舗 系統 ホームページ
永福町本店、代打橋店、保谷店、武蔵増戸店、狭山ヶ丘店、
一橋学園店、昭島店、淵野辺店、鹿沼台店、東岩槻店、東川口店
一ノ割店、武蔵高萩店、七飯店(北海道)
永福町大勝軒系 http://eifuku-taishouken.com/
実食済店舗 住所 営業時間 定休日 接客 席数 その他
永福町本店 東京都杉並区和泉3-5-3 11:00〜23:00 無休 - カウンター13席
テーブル(4人×2卓、2人×1卓)
-
保谷店 東京都練馬区南大泉3-31-19 11:00〜20:00 日曜日 - カウンター12席ほど
テーブル4人×4卓
-
その他情報

メニュー
メニュー


店舗:永福町本店
来店日:2008年10月13日
中華麺(生玉子付)

今回の評価:星星星半星白星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:中華麺(生玉子付)

ラーメンデータ

中華麺(生玉子付) 1,100円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
魚介醤油 中麺 やや多い

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 近くの駅「保谷」にも同じ系列があるので、何度か食べたことはあるのだが、系列店でしばしば聞かれる「本店が一番うまい」という噂を信じて来店。まあ、噂はともかく一度は本店で食べてみたいというのもありましたが・・・。
  • 【 特徴 】

  • 特徴は、煮干ダシ、タレ、量の3つだろうか。またラーメンの量がスープ・麺ともにやたらと多い。ちなみに今では魚ダシはよく見かけるが、大勝軒創業時では珍しい。
  • 【 ラーメンの味 】

  • まず気になったのが値段。量が多いとはいえ保谷大勝軒の[中華そば750円]と比べても300円も高い。本店とはいえこの値段の差は・・・?
    ラーメンの基本的な味は何度か食べた保谷大勝軒の味とはそれほど変わらない。あっさりとした煮干系スープに特徴はタレ。HPでも説明されているが、普通の醤油スープとは少し違う独特の香りに旨味。このタレは秘伝だとか。「めちゃくちゃうまい!」っていう感じではなく、なぜか妙に惹かれるスープが特徴的。
    ちなみにオーダーミスで生玉子付で出てきてしまったが、食べ方がよくわからん。( ̄  ̄!)周りを見て、すき焼きのように麺を浸けて食べてみたが、普通と比べて特別おいしいとも思えず・・・。
  • 【 評価まとめ 】

  • 保谷大勝軒との違いは、値段、ラード、量の3つ。保谷大勝軒のスープは表面に薄くラードが膜を張っており、スープが熱く冷めにくい。また本店以上に量が多い。
    本店だから特別うまいってことはなかったが、永福町系列大勝軒は他店にはないスープの旨味が人気の秘密だろう。

    up