東京豊島区池袋のラーメン店「BASSOドリルマン」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 豊島区池袋 ラーメン店 > BASSOドリルマン

豊島区のラーメン店


BASSOドリルマン

BASSOドリルマン 店舗外観
総合評価評価5
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨魚介醤油つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
池袋、目白、椎名町 東京都豊島区西池袋2-9-7 http://www.drill-man.com/
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 11:30〜21:00
※売切れ次第終了
無休 - カウンター8席
大テーブル10人×1卓
-

その他情報

営業時間営業時間
メニュー
メニュー


来店日:2010年4月24日
特製濃厚中華そば

今回の評価:星星星星星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:特製濃厚中華そば

ラーメンデータ

特製濃厚中華そば 1,000円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨魚介醤油 中太麺 - 中盛まで無料 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 店舗の場所は、目白、椎名町、池袋の丁度中間地点にあたる。周りに商店街や学校があるためか住宅地にしては、人通りはそこそこ。かつての人気メニュー「濃厚中華そば」が復活したとのことで、これをきっかけに来店。土曜日の15時頃で先客2名。
    店員さんから「量は?」と聞かれたときに「普通で」と言ったら「中盛」で出てきた。同価格だしまあ良いけど、量が多いのは事前にわかっていたので並盛で十分だったんですけどね(汗)
  • 【 メニュー 】

  • 店主は特に食材にこだわっており、ダシには秋田を代表する「比内地鶏」、醤油には石孫本店の「百寿」、麺の小麦には同じく秋田の「ねばりごし小麦」を使用。全て店主が試行錯誤を繰り返した後に出会った素材を使ったラーメンを提供している。
    また並盛-200g、中盛-300g、大盛-400gだが、デフォルトでも麺は多め。量について店員さんに「量多いですね!」と聞くと、「お腹いっぱいになって喜んでいただくために多めにしています」とのことでした。
  • 【 ラーメンの味 】

  • いかにも濃厚な魚介系らしく、褐色でラーメンにしては若干トロミは強いほうか。動物系よりも魚介系主体の味付けだが、非常にまろやかで、魚介系の嫌な臭みなどは全く感じない。ひょっとして、濃厚なのにまろやかなのは、動物系の食材を豚ではなく"比内地鶏"による鶏がらをメインにしているためかも。
    そして、事前情報どおり、加水率が低く、小麦粉の存在を強く感じさせる麺が素晴らしい。お腹にも溜まるので、満腹感も得られやすい。
    具では、表面を焦がしたチャーシューも良かったが、個人的には極太メンマ。変に味付けがされていないメンマは濃厚なスープと相性が良く、特にコリコリした歯応えがいいですね。たまねぎのみじん切りは微妙だったかな。
  • 【 評価まとめ 】

  • 量が多かったのでスープは少し残したが、適量だったら最後まで完食していたと思う。そして特に素晴らしいのが後味の良さ。濃厚魚介系スープの食後によくある、異常な喉の渇きに苛まれこともなく、むしろ魚介や醤油の旨味による口に残る余韻が楽しめた。このあたりは、完成度の高さを示していると思う。キャッチフレーズ的に言うと「濃厚なのに後味すっきり」と言ったところか。機会があれば違うメニューで再食してみたい。

    up