東京豊島区池袋のラーメン店「麺屋桑田」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


豊島区のラーメン店


麺屋桑田

【閉店】
麺屋桑田 店舗外観
総合評価評価6
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類: 魚介醤油 味噌 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
池袋 東京都豊島区南池袋3-8-3 http://www015.upp.so-net.ne.jp/menya-kuwata/
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 11:00〜14:30、17:30 〜スープ切れまで
※閉店は20:00前後が目安
日・祝 良い カウンター8席 -
その他情報

スタンプカード
スタンプカード
茶山(さざん)
茶山(さざん)


来店日:2010年3月6日
特製ら麺

今回の評価:星星星星半星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:特製ら麺

ラーメンデータ

特製ら麺 950円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
魚介醤油 中麺 - 普通 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • 2009年10月オープンの比較的新しいお店ですが、テレビ放送がきっかけで来店。
    場所は、池袋駅東口から明治通りを目白方面に15分ほど南下、さらに細くて人通りの少ない道を左に曲がったところにある立地の悪さ。しかも、明治通り沿いから見ても、道が少し右に曲がっているので店舗が見えない。
    先客2名に、途中で来店したのが2名なので、立地の悪さにしてはお客さんは入っているほうかな?
    月水金は普通のつけ麺、火木土は茅ヶ崎小林園限定のお茶「茶山(さざん)」を麺にのせた塩つけ麺。とりあえず、テレビで紹介されていた[特製ら麺]を注文。
  • 【 特徴 】

  • スープには江戸時代から250年以上続くむしろ麹製法により、じっくり時間をかけて熟成させた"かめびし醤油"を使用。また、豚骨・鶏がら・魚介と3種類のスープを別々に焚き、メニューに合わせてその場でブレンドしている。
    麺は香川直送のうどん用小麦粉をメインに使った自家製麺。
    チャーシューはスープに合わせ2種類を用意している。表面を焼いた後に、5時間以上もスープで焚いており、醤油系スープの場合はこだわりの醤油ダレに漬け、塩系スープの場合は塩・胡椒の味付けをした後、薫製風味を付けている。
  • 【 ラーメンの味 】

  • スープは豚骨・鶏がら・魚介3種類のブレンドスープだが、なんと言っても味の主役は"かめびし醤油"による醤油の風味や旨味。この"かめびし醤油"とういのは初めてだけど、濃厚で深い味わいが感じられます。自家製麺の、コシや歯ごたえは微妙ですが、スープとの絡み・相性などは上々かと。
    そして、チャーシューは脂身が少ないタイプで表面を焼いているので、若干の焦げ臭さが感じられるものの、漬け込んだ醤油ダレの香ばしい味に、肉本来の旨味が感じられます。
  • 【 評価まとめ 】

  • なんだか、昔ながらも懐かしさも感じられるようなラーメン。全体的には地味で素朴ながらも、素材のこだわりや良質さが伝わってくる。接客もすごく丁寧だったので、その丁寧さが1杯のラーメンにも表れているように思えた。立地は悪いが、それをカバーするためのスタンプカードや接客などのサービス面と、ラーメンに対する従業員さんのこだわりや真剣さが感じられる。
    ここ最近の濃厚系魚介豚骨スープにちょっと飽きた人とか、合わない人などにはおすすめ致します。

    up