東京豊島区東長崎のラーメン店「オリオン食堂2」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 豊島区東長崎 ラーメン店 > オリオン食堂2

豊島区のラーメン店


オリオン食堂2

オリオン食堂 店舗外観
総合評価評価4
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:醤油 味噌 その他 豚骨魚介醤油 つけ麺

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
東長崎 東京都豊島区南長崎5-15-3 http://www.orion-syokudo.com/
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- 10:30〜翌2:00 無休 - テーブル4人×2卓
カウンター7席
-

その他情報

メニュー
メニュー
エレン水
エレン水
濃魚つけ麺(醤油)
濃魚つけ麺(醤油)


来店日:2010年8月25日
本格カレーつけめん

今回の評価:星星星星白星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:本格カレーつけめん+ミニ豚ご飯

ラーメンデータ

本格カレーつけめん 850円 +ミニ豚ご飯200円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
カレー 太麺 - 大盛無料 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • オリオン食堂時代の2003年8月に一度来店してつけ麺とミニカレーと餃子のセットを食べている。当時は店主自らが手作りした店舗の内外装に「ヘンテコな店だなぁ」と思った記憶がある。当時は、店内のいたるところで無化調を謳っていたが、無化調の文字は一切見付からず。
    「オリオン食堂2」は濃厚系に路線変更したと聞いていたが、濃厚系というよりかは[まぜそば]「カレーつけめん・まぜそば][カニ汁つけめん]など個性的なメニューが多く、創作系ラーメン色が強い。

    夏場という事もあって、周りはつけ麺を食べている人が一番多い。比較的口コミが多かった[カレーつけめん]を注文。ちなみに、時代のトレンドを意識してかプラス50円で[極太GB麺]なる極太麺に変更できる。
  • 【 ラーメンの味 】

  • 麺はコシの強い太麺に、味付玉子半分、海苔、メンマ、チャーシューに乾燥海老が入り、カレーのつけダレにはココナツミルクがかけられている。
    アジア各地のスパイスをブレンドした本物志向のカレーと謳われており、一般的なカレーよりも粘度が低く液状に近い点ではアジア系のカレーに近いと言えば近いが、味的には日本のカレーに最も近い。まあ、日本のカレーに近いので、そんなに珍しい味ではないが、理屈ではなく率直においしくもある。やっぱり日本人にはある意味この味が一番合うのかも。太麺が適度につけダレに絡むし、全体的に癖も少ない。

    [ミニ豚ご飯]は200円のリーズナブルなお値段に適度な量。ご飯にかかったタレがおいしく、単品でも食べられるレベルのものだった。
    ちなみに店内には電子レンジが置いてあり、つけダレが冷めたら温められるようになっている。これまで、つけダレが冷めるのを防ぐために、焼き石、IHヒーター、土鍋、など様々な方法を取り入れたお店を見てきたが、電子レンジで温めるという発想は当たり前すぎてというか盲点だった。そうか、普通に家だと電子レンジ使うしね・・。
  • 【 評価まとめ 】

  • カレーうどんの延長線上といった印象は拭えないが、まあそこそこおいしいので満足はできた。職場の知人が食べた[濃魚つけ麺]においても、そこそこ美味しかったそうで。メニューも豊富なので、何度か来店して色々なラーメンやつけ麺を食べられる楽しみがあるお店。単発というよりかは、何度か通うことで『オリオン食堂2』の良さが見えてきそうな気もする。

    up