東京豊島区東池袋のラーメン店「ラーメン商店 佐藤」 東京ラーメンランキング

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > 豊島区東池袋 ラーメン店 > ラーメン商店 佐藤

豊島区のラーメン店


ラーメン商店

佐藤

【閉店】
ラーメン商店 佐藤 店舗外観
総合評価評価5
ラーメン店 評価詳細

ラーメンの種類:豚骨塩 豚骨醤油 辛

お店のデータ

最寄り駅 住所 ホームページ
池袋 東京都豊島区東池袋1-3-7 -
系統 営業時間 定休日 接客 席数 その他
- - - - カウンター11席 -
来店日:2012年5月20日
塩コク麺(+半熟味付玉子)

今回の評価:星星星星半星白星
ラーメン 評価詳細
注文メニュー:塩コク麺(+半熟味付玉子)+ 半ライス

ラーメンデータ

塩コク麺(+半熟味付玉子) 850円
スープ 背脂・ラード ボリューム その他
豚骨塩 中麺 - 普通 -

  • Check
  • 【 まえがき 】

  • ふと通りかかって、新しいお店だったので来店。この場所は『尾道ラーメンぼっけぇ』 ⇒ 『野田屋』 ⇒ 『CHABUTON』 ⇒『ラーメン商店 佐藤』 とラーメン店の出退店が激しい、いわば鬼門の場所と言える。歴代ラーメン店は全て食べており、それほど悪い印象はなかったのだが、やはり地代の問題だろうか?東池袋でもココは超一等地の場所だし。おすすめしていた[塩コク麺]を注文。

    ちなみに店頭に大きく描かれた白黒で箸をクロスさせた謎のキャラクターは、意図的なのか偶発的なのかは不明だがドクロマークを連想させ、ドギツいラーメンをイメージしてしまう。
  • 【 ラーメンの味 】

  • "塩コク"と命名されているが、いわゆる豚骨塩ラーメン。結構濃厚だけど、食べ進めても不思議とくどさは感じない。この"濃厚だけどクドくない"は、ベースが醤油ではなく塩のためかな?それでいて、いい感じに豚骨の旨味とコクが強い。この濃厚で旨味のあるスープに思わず半ライスを追加注文、めっちゃご飯が合います。
    麺は単体でそれほど際立ったものではないが、スープがねっとり絡まるので、スープの旨味が麺を通じて堪能できる。具はチャーシュー、ほうれん草、メンマ、ねぎ、のりと素朴でシンプルだが、麺と同じく具にもスープがねっとり絡まり、具の単体云々ではなく美味しい。また家系同様にねっとりしたスープに相性の良い、のり、ほうれん草などキーとなる具は押さえられている。

  • 【 評価まとめ 】

  • この手の豚骨ラーメンではまず家系を連想するが、豚骨塩ということもあり、家系とはまた異なるタイプの味。後から入ってきたギャル2人も"おいしい”と言いながら食べていたので、くどさが抑えられている点で女性層にも受けが良いかも。
    ってことで、不吉な場所ですが、今後を応援する意味でもこの評価にしました。

    up