丸長のれん会 ラーメン店系統案内

東京ラーメンマップ やっぱラーメンでしょ!


東京 ラーメン  > ラーメン店 系統案内  > 丸長のれん会

やっぱラーメンでしょ! ラーメン店 系統案内


丸長のれん会

昭和23年杉並区荻窪4丁目に、長野県出身の蕎麦職人5人が、
共同経営の形で『中華そば店丸長』を開店させたのが原点。
その後それぞれのメンバーが『丸長』『丸信』『栄楽』『大勝軒』『栄龍軒』として
独立したお店を開店。
更にそれぞれのお店が暖簾分けなどにより店舗数を増やしていった。
なお、上記独立後の系列店は現在においても、東京都内を中心に現存している。

独立後に最も有名となった系列店はご存じ『大勝軒』。
昭和26年に初代大勝軒店主の坂口正安氏は、
東京に出ていた又従兄弟の山岸一雄氏を誘い独立、このお店が現在の『大勝軒@中野』。
昭和29年に『大勝軒@代々木上原』を出店。こちらの代々木上原が本店となり、
『大勝軒@中野』は山岸氏が運営することになる。
なお、『大勝軒@代々木上原』は麺を中心としつつも中華料理系の強い店舗となり、
『大勝軒@中野』はラーメン専門店としての道を歩んでいくことに。

『大勝軒@代々木上原』から暖簾分けした大勝軒は「丸長のれん会」の一員となり
丸長グループの「大勝軒」と呼ばれている。
一方、昭和36年に山岸氏が暖簾分け店として東池袋に出店、
後につけ麺が全国に知れ渡り広がる先駆けとなる。
※ 詳しくは「東池袋大勝軒系」参照のこと
■メニューや味の特徴:
  • 昔ながらの中華そばにつけ麺
■ホームページ:
http://www.taishoken.co.jp/
戻る